2011年02月13日

Supersix ポジション調整

比較的真面目にポジションを設定してみた。ほとんどポジションをいじらないが(めんどうなので)、SuperSixの今のポジションだと、さすがにハンドルまでが遠い&後ろ乗りすぎるので調整。

ちなみにRHM-9を買った時にセオサイクルさんで測ったところ
身長 181.8cm
股下 81.5cm

人間ドックとかで測ると身長183cmなので、かなり誤差があるような..^^;
午後に測定したから縮んだのかもしれない。

で、2年間乗ってきたRHM-9のポジションにあわせたのが、これ
IMG_3619.JPG
サドル高 742mm
サドル後退幅 76mm
サドル水平面〜ハンドルバー上端 65mm
サドル先端~ハンドルセンター 587mm
サドル先端~フーデットラバー 747mm
サドル先端~ドロップの一番深い部分 705mm

RHM-9は
サドル高 742mm
サドル後退幅 75mm
サドル水平面〜ハンドルバー上端 75mm
サドル先端~ハンドルセンター 578mm
サドル先端~フーデットラバー 732mm
サドル先端~ドロップの一番深い部分 697mm

SuperSixはヒルクライムをメインで使うので、ハンドルバーを持ちやすくしている感じ。
ローラーで漕いでみたがちょっとブラケットまでが遠い気がする。ハンドルバーは非常に持ちやすい。
実走してみないと本当のところはわかないだろう。

結構、サドルを前にだしてしまったので、若干格好悪い。25mmセットバックのシートポストは失敗か?あと10mmぐらい引きたいなぁ。
後、シートポストのFSAの文字が切れそうなのが悲しい。
IMG_3622.JPG

今回から大型水平器を使って測定しています。
IMG_3623.JPG

今まで使っていた小さいやつだと、ハンドルバーの下がりとかが測定しにくいので。これが今まで使っていた小さいやつ。サドルの水平を出すには使いやすい。
IMG_3625.JPG


posted by さと at 23:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。