2007年12月06日

R500 v.s WH-7701

スポーク折れの影響で今週はWH-7701
WH-7701_005.jpg
でジテ通しています。なので、R500とWH-7701
 スポーク折れ001.jpg v.s.  WH-7701_004.jpg
の自分なりの比較をしてみました。
今時、WH-7701を手に入れる人もいないと思うので参考にならないかもしれませんが...
- 〜37km/h前後の走りはR500もWH-7701もあまりかわらない。ただ、加速はWH-7701のほうがスムーズ(軽い)。
- 40km/h超えてからのノビ(軽さ)、巡航性(楽さ)はWH-7701が上。
- 剛性が弱いと聞きますが、R500も弱いこともあり、自分の足では剛性感はわかりません。

R500に比べればなんでも良いのかもしれませんが、やっぱり、軽いホイールは良いです。MAVICとかFULCRUMとかの高いやつを使うともっといい感じなんでしょうね。
 
WH-7701のジテ通タイム
月曜日(右斜め前方からの風が強い。立ち木が揺れまくり)
 タイム 4:26
 平均速度 32.2km/h
 ケイデンスは忘れました。 久々に向かい風にやられました。

火曜日(ほぼ無風。立ち木は揺れず)ちょっと高めのギアでケイデンスを意識してこいでみた。 
 タイム 4:06
 平均速度 37.5km/h
 平均ケイデンス 108
 R500と同じような消耗でした。最後の100mスプリントでがんばっても42km/hぐらいしかでませんでした。

水曜日 出張のため、電車通勤。23時までマシン室に拉致られる...orz

木曜日(ほぼ無風。立ち木は揺れず)スピードを意識してこいでみた。
 タイム 3:51
  平均速度 40.0km/h
  平均ケイデンス 103
  R500で4分を切るのは結構きつかったのですが、WH-7701なら楽々です。信号待ちでのスピードダウンがなければ、後、2、3秒は縮めることができるかも。最後のスプリントは50km/h弱でした。

体調や気象の変化があるので、本当は2週間とか1ヶ月ぐらいの平均で見ないとなんとも言えないと思いますが、少なくともいえるのは、WH-7701は40km/h超えないと気持ちよくないってことかなぁ。精進しないと... ということで、土曜日にはR500が修理から帰ってきます。来週からはR500重重ホイールでがんばります。


posted by さと at 22:33| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄い。アベレージで時速40qもでるなんて。私なんてけっこう頑張っても30キロ生きません。世の中には凄い人がいるんだなあ。
Posted by はし3 at 2007年12月31日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。