2010年01月12日

SIDI ERGO2 2010 導入

ひさびさのNew機材!
ちょこちょことブログにも書いたけど
IMG_8407.JPG

Newシューズ。SIDI ERGO2 情熱の赤
シマノかSIDIかなと思い、いろいろ物色していたが、円高(?)で若干割安になったSIDIを購入。今までシマノだったので、違うのを履いてみたかったってのもある。
サイズは44。43.5と迷ったが、43.5だと若干きつかったのでこっちを選んだ。

ソールはこんな感じ。
IMG_8401.JPG
初めてのカーボン。いままではシマノの入門用 R085シューズだった。ナイロンソールからいきなりトップグレードに。

あまり重量にこだわりはないけど、一応測ってみた。まずはシマノ R085
すでに2年半使っているのでかなりぼろぼろ。写真からも臭いそうだ...
IMG_8398.JPG
今まで使っていたシマノは356g(クリート含)

で、SIDI。クリートは赤。
IMG_8399.JPG
おっと。シマノよりも重い。意外だ。もう少し軽いかと思っていた。

で、早速使ってみようと、シマノのクリートを家でつけようと思ったら、シューズ側にネジが届かない。あら??SIDIのマニュアルには8mm(シマノのクリート標準添付品)でOKって書いてあるのになぁ。さすがイタリアン!? 適当だ。
で。昨日、セオさんで10mmのネジと交換してもらい、無事つきました。いつもありがとうございます。

その後、めずらしく真面目にセッティングを実施。若干サドルが高い感じがしたので、まずは2mm程度低くする。クリートの位置はいろいろ試したが、前後はほぼセンター若干前より(つま先側ね)で現行のシマノと一緒の位置、左右はほぼセンターが良い感じ。左右だけど、シマノはインナー側(一番、センター寄り)にしていたんだが、SIDIで同じ位置だと足裏の内側だけで踏んでいるような感じになる。なので、左右もセンターにしてみたが、まだ、脚裏全体で踏んでいないような感じだ。
インソールを入れるなどして調整しよう。

ローラーで5分程度乗った程度だけど、さすがにエントリーグレードとの違いは明らか。鈍感な自分でもわかる ^^。ダイレクトにペダルと脚がつながっている感覚。踏んだ分だけロスなくペダルに伝わっている感じ。逆にいうと、ペダルからの振動とかもダイレクトに伝わってくる。重量はシマノのR085と同じだけど、軽く感じる。
ただし、ナイロンソールのR085も踏み心地は良いので長距離はナイロンソールのR085かな。

とりあえず、ジテ通はシマノR085、週末はSIDIと使い分ける予定。


posted by さと at 10:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

Vittoria RUBINO 25C

IMG_6411.JPG

通勤用ロード TNIに装着している25Cタイヤ。
Vittoriaの中では一番安いタイヤだと思います。 RUBINO PROとかPRO2とかではなく、RUBINO。
ロードのタイヤは一般的に折りたたみ可能なフォールディングタイプなんですが、これは丸いまま売っています。
それもあり、重量は超重。
実測 330g
通勤用ホイール WH-R500が1900g弱なので、前後で2.5kg超。

走った感じは、その重量どおり、重厚な感じ。
出だし、坂は、クロスバイクのようなまったり感があります。
乗り心地は、RUBINO 25C初走りの月曜日「23cと変わらない」と書きましたが、だんだん空気圧が低くなるにつれてよくなります。金曜日にはかなり乗り心地よく感じました。
接地面も肉厚でパンクしそうにありません!
あと、アスファルトの切れ目なんかでタイヤをとられる可能性も低いので、ガンガン行けるってのがメリットです。

頑丈で脚も鍛えられてGoodなタイヤです。ジテ通以外では使う気がおきませんが....

あと、25cの23cとの違いを自分が感じ取れたことに驚きです。たぶん、未熟なころなら違いは分からなかったかもしれません。
多少なりとも鍛えられて、感覚が鋭くなってきたんでしょうかねぇ。
自分の脚でも、これだけ違いを感じるので、もっと上の人たちは、もっと違いが分かるんでしょうね。たぶん、インナーチューブの違いなんかも感じ取れる。逆に言うと、鍛えていないうちは分からない...やっぱり、良い機材は良い脚があっていきるものですねぇとしみじみ感じる今日このごろです。
機材に負けないようにきたえないとね。

TNIに25Cタイヤをつけた場合のクリアランスです。
バンド式のフロントディレイラーを使っているので、ここが一番厳しい。3mmぐらいかな。

フロント
結構厳しい。フォークとの間は5mmない。
25c_003.jpg

リア
比較的余裕がある。
25c_002.jpg

シートチューブ
25c_001.JPG
posted by さと at 16:42| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

クラニウムロックが壊れたのでモストロを新調

今日は雨なので電車通勤。
週のはじめから満員電車ってのも嫌だけど、これで昨日のローラー練疲れもぬけると思うので良しとしよう。

で、本題。
IMG_6286.JPG

愛用のモストロのクラニウムロック(上の写真のやつ)が壊れた。絞まるけど、ゆるまない...
ゆるめないとかぶれないので、バンドをもって無理やりひっぱったら....バンドが切れそうになってしまった...まぁ、2年近くつかっているし、仕方がない。

 

と、まぁ、これが壊れたのが木曜日。
木曜日のジテ通はなんとかこのヘルメットで行ったけど、このままじゃぁ、危ない。
でも、土曜日の早朝練に使いたい(木曜日の時点では土曜日は曇りだった)。

さー どうする。

ということで、帰宅時に寄れそうなショップに交換部品の在庫を電話で聞いてみた。
1) セオサイクル 晴海店
2) Ys お茶の水
3) その他近辺のショップ
いずれも、在庫なし...orz。交換部品を置いているお店ってあまりないのね。
新松戸店であれば在庫があるんだろうけど、どー考えても閉店時間までに着けない。金曜は行けないし...

さー どーする。
仕事そっちのけで悩んだ結果

IMG_6276.JPG
買ってしまった...
色は、シンプルにパールホワイト
土曜日の朝には必要だったので、金曜夜には入手できるアマゾンで(店長 すまぬ...)。

実は、今使っているモストロ トリコロールカラーは結構年季が入っていて、色あせが進んでいる。(2年間、雨の日以外は毎日使っていたからねぇ)

IMG_6277.JPGIMG_6284.JPG
こんな感じで、なぜか左側のみ禿げている...光の加減ではなく、明らかに白くなっている

そんなこともあり、次期ヘルメットとして新松戸店にあったアンカーカラー モストロをひそかに狙っていたんだけど、その前に壊れてしまった...

ということで、これでモストロが2つ(壊れたクラニウムロックは交換予定)。
トリコロールを通勤用、パールホワイトを週末用にしよう。

こんなに急いで買ったのに、土曜日は雨...結局週末は使わなかった...orz
posted by さと at 12:55| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

WH-7850-C24-CL

c240031.JPG
山用にWH-7850-c24-CLを導入した。
WH-7850-C50-CLも非常に良いホイールだけど、やっぱりヒルクライムとかではきつい。
なので、軽いc24を導入。

EASTONのEA90SLXが2009バージョンからセラミックベアリングになったとのことで迷ったが、お世話になっているセオサイクル新松戸では輸入元と取引がないとのこと...残念。
なので、c24です。
出た当初は、かなり品薄だったけど、今は改善されてお店にも数本確保しているみたい。

あわせるタイヤは
c240032.JPG
パナのVALIANT EV3。
まだまだトレッドもきれいだったので、WH-7701で使っていたやつを移植。
c50にコンチをつけた時、硬くてタイヤレバーなしでは入らなかったけど、c24+パナの組み合わせは非常に入れやすい。パナは結構ビートが硬いのでc24側のほうがつけやすいんだろう。

スプロケは
c240035.JPG
DURAの12-25T。
11-23Tや12-23Tと迷ったが、イノシシのような激坂はきついので標準的な12-25Tを選択。

気になる重量だが、持った感じ、フロントはc24とc50では、あまり違いを感じない。確かにc24の方が軽いけど、c50も十分軽い。リアはほとんど変わらないような感じ...あら?
ということで、重量を測ってみた。
チューブ、タイヤ、クイック、スプロケ付き。

      C50    C24    差
フロント 1100g  1019g  81g
リア   1468g  1428g  40g

    c50=コンチネンタル4000s+パナR-Air+12-21T
    c24=パナ VALIANT EVO3+黄色ミシュラン(AIRSTOP)+12-25T

意外と差は少ない。前後で121gの差。
c24が重いというよりもc50が意外と軽いと言った方が良いのか?
ただ、この差がほぼリムの差なので、走りには結構効いてきそう。

江戸川CRとヒルクライムとして真間山の激坂しか走っていないが、実走した感じでは、もちろんc24は軽いです。
特に0km/hから20km/hぐらいまで持っていくとき
c50はc24に比べてもたつく感じがあるけど、c24は すーーーーっと加速。ただ、25km/h超えあたりからc50の場合、後から押されているように伸びていくけど、c24にそれは無い。脚で入力した分だけ走る と言う感じ。
35km/h〜40km/hの巡航もしたが、まぁ、軽く走れる。ただ、後についた時、c50は思いっきり休めるけど、c24はc50に比べると休めない。ここでも常に入力が必要
ダンシングするとパナの尖ったタイヤと合わさり、ひらひらと驚くほど軽い。真間山の激坂(10%超)を3回ほど、ダンシング、シッティング、ミックスで登ったけど、c50で登る時よりもギアを2〜3枚重くできる。非常に短い坂なので、今度、筑波で試してみよう。
ということで、c24はやっぱりヒルクライムやスピードの上げ下げが多いクリテリウム用かな。
あと、RHM-9の軟らかさもあるけど、c24をはいたほうが乗り心地が良い。ロングライドも良いかもしれない。

江戸川CR、長柄はc50、筑波、F.Sはc24と使い分けよう。

RHM-9につけた感じ
c240033.JPG
やっぱ、c50のほうがかっちょいいなぁ。
ただ、タイヤもパナになったので、オール日本化が一歩進んだ。
後はチューブ(ミシュラン)とサドルのみだ。
パナのチューブは高いし、日本製で良いサドルはないので、これ以上は無理かな。
posted by さと at 08:44| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

WH-7850 C75 ???

江戸川CR 平地専用 C75発売!?

シマノ 飯野選手のブログ
http://blog.iinoyoshi.jp/blog/2009/05/post_df74.html

C50をはるかにしのぐ、ド派手はフォルム!
DURAACEの文字がでかい
こんなのが後ろから来たら、すぐに道、譲っちゃうなぁ。
posted by さと at 12:41| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

アルテグラのブレーキパッド

昨晩タイムを計ってみた。
20時30分すぎに会社を出発。
向かい風だったが、30〜35km/hをキープ。
タイムを計ったら51分だった。実走行時間なので、信号待ちを含めるとDoor to Doorで1時間ぐらい。
定時あがりでもこのスピードを出せればいいんだけどねぇ。
トレーニングにもなるし。

20090405_ブレーキ0001.JPG

4月から使い始めたUltegraのブレーキパッド。
ブレーキ本体はTiagraだし、
ホイールは廉価版のWH-R500だけど、
なかなか効きが良い

20090405_ブレーキ0003.JPG

その前使っていたM50T(上の写真)というフネもないブレーキに比べたら格段に良く効く。
フネがない分、ゴム本体を固くせざるをえないため、効きが悪いんだろう。
もちろんDuraのブレーキにはかなわないが、Tiagra+Ultegraで通勤には十分。

週末は、いつもどおりローラー+洗車の予定。
ちらちらWebを見ていたら、F.Sってのがあるらしい。
5:30amスタートとかなり朝早いけど、早い時間しか乗ることができない土曜日には、ちょうど良い時間だ。
今度行ってみよう!


今日は飲み&雨なので電車通勤。昔の開発メンバーが久々に集まる。楽しみだ!

posted by さと at 07:21| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

TNI ブレーキパッド交換

ブレーキパッドを交換しました。

20090405_ブレーキ0002.JPG

ジテ通で都内を走るようになり、急に止まることが多くなるかもしれないので、交換。
今まで使っていたのはコレ

20090405_ブレーキ0003.JPG

シマノのM50Tというしょぼいやつ。
フネ(ブレーキパッドを支える金属の部分)が無いタイプ。なので、ブレーキ自体が非常に硬い!
このせいか、キキが非常に悪い!
やっぱり、ブレーキパッド自体で剛性を確保しているため、硬いゴムを使っているんだろう。

で、今度はアルテグラ(BR-6600)のブレーキ(パッドだけね)。
保険料を支払いにいくついでに買ってきました。105と同じねだんだったので、アルテグラ。ほとんど性能は変わらないだろうけど。

20090405_ブレーキ0001.JPG

ちょっと乗ったけど、かなりキキが良い!
本体はTIAGRAなのでフルアルテに比べると性能は数段落ちると思うが、ジテ通には十分。 

posted by さと at 18:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

TNI 7005MKU インプレッション

クラックがはいったGIOS AEROLITE(詳しくは ここhttp://stabicycle.seesaa.net/article/112453817.html)にかわり、新たにNewマシーンを導入しました。

じゃじゃーん
200901250002.JPG
TNI 7005MKUアルミフレーム 白 XXL(トップ 565)。
コンポはAEROLITEからのフル移植。
いつものセオサイクル新松戸さんで組んでもらいました。ポジションはほぼRHM9と一緒。

で、早速、月曜日に通勤で使いました。往復40km。
いつものTTコースでちょっと追い込んだりもしてみました。

感想は

重い....

重量は10kgちょい(サイコン等含む)なので、AEROLITEと1kgぐらいしかかわらないのですが、重い。
30km/hを超えてくると重さを武器に巡航できるのですが、そこまでが重い。
軽快感 ゼロ!!
スタートはついついダンシングしてしまいます。

GIOSと重量がそんなに変わらないのに これだけ重さを感じるってのは、たぶんフレームが超超超超硬いから。ジテ通時に思いっきり踏んだりしてみたんですが、自分の脚力では全く微動だにしません...GIOSはそれなりにしなって、それが推進力に変わった....と思うのですが、こっちは全くしなりません。これもあって重量差以上に重く感じるのだと思います。

そのフレームは
IMG_4764.JPG
おそらくバテッドなしの直管アルミでできていて、さわるとホームセンターのアルミパイプ的な(?)感じが指先から伝わります。めちゃめちゃ冷たいし...

こんなフレームですが、1つメリット言うと、頑丈なこと。組んでもらった店員さんの話によるとBB周辺のアルミは、めちゃめちゃ分厚いとか...
溶接部分も この潔さ。
200901250001.JPG
溶接しっぱなし です.....頑丈そうです....

まとめると
価格が安く
頑丈で
重い

トレーニングと割り切れば、最適なフレームです。

ということで、これでジテ通がんばります。重いんだよなぁ...

TNIフレームに関しては以下をごらんくださいませ。
http://www.trisports.jp/frame.htm#tni7005mk2

ブログのタイトルかえないと...
posted by さと at 14:00| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

New フレーム導入

GIOSに乗れなくなってしまったので、今、通勤はRHM9で行っています。速くて良いのですが、ちょっと...いや、かなりもったいない。

ということで、クラックが入ったGIOSにかわり、Newフレームを導入することにしました。

Newフレームは!!
じゃじゃーん

tnimk2yellow08.jpg

どう!? このやすっぽさ!
原色ばりばりの色!
いかにもペンキ塗りました的な感じがたまらない!

しかし、メーカーのページからいただいた写真だけど、ダンボールの上ってのはどうよ...^^);

モノはTNIのアルミフレームです。いちおうフロントフォークはカーボンらしい。
サイズもXXL(トップ565)と大きなサイズまであったので、通勤用に割り切っての導入。

気になる値段は3万円弱。やすい!!
これなら気にせずガシガシ踏める!! 多少の雨もへっちゃらだ!!
しかも、重いのでトレーニングには最適。
意外と速かったらどうしよう...

週末には組みあがる予定です。
posted by さと at 21:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

GIOS AEROLITE 廃フレーム

ららぽーとウェストのセオサイクルさんに預けてあったクラックが入ったGIOS AEROLITEフレームですが、廃車(フレーム)となることになりました。

販売元のジョブインターナショナルさんの回答は
保証は1年まで、2年弱だと厳しい
とのこと。
セオサイクルさんのほうからも強く言っていただいたようですが、回答は変わらず。

2年で割れるとは、もともと品質に問題があったんじゃないの? と思わなくもないのですが、ゴネても変わりそうにないので諦めました。

セオサイクルさんからは「GIOSなら特別価格で出します」とのありがたいお話もあったのですが、フレーム売りしているGIOSはLEGERO以上のグレードのみ。値段もはるし、また割れると悲しいのでGIOSへの乗り換えはしないことにしました。

わずか2年の命。
まぁ、出費はかさむけど、走行中にバキッといかなかっただけでも良しとしましょう。

posted by さと at 22:52| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

GIOSフレームにクラック!!

通勤用ロードバイクのGIOS AEROLITEのフレームにクラックが入ってしまいました。

GIOSダウンチューブ割れ0003.jpg
場所はダウンチューブとBBの間。

年明け月曜日の出社時から左のペダルを強く踏むとカチッカチッという音鳴りがしていたので、BB、クランクあたりのグリス切れかなと思っていました。

で、帰宅後、BBあたりをみてみると
GIOSダウンチューブ割れ0002.jpg
ってなかんじにダウンチューブに亀裂が...orz
これで音鳴りしていたんですね。
アルミは一気に破断するって聞くけど、走行中に折れなくて良かった。踏み込んだ時に折れたりなんかしたら確実に落車です。恐ろしい...

とりあえず、購入したセオサイクルのららぽーとウェスト店で見てもらった結果、メーカー送りとなりました...時間がかかりそうです。

落車したこともないし、倒したこともないし、段差は最大限スピードを落として走っているし...劣化にしても2年しか乗っていないし、原因は不明。

無償修理じゃなかったら、いたいなぁ。

posted by さと at 11:57| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

PanaRacer Stradius Eliteインプレ

P1060158(1).JPG

安さにつられて買ったPanaracer Stradius Elite。
ジテ通で40kmほど使ってみた。

これ、なかなか良い。
値段を考えれば、超お買い得!!


今まではいていたミシュランのリチオンと比べて硬めの印象。リチオンのようなしなやかさはないけど、硬くて自分好み。
しかも、漕ぎ出しはかなり軽い。スピードにのってからも、軽い印象は変わらず。

重さを比べると
磨り減ったリチオン : 212g
Stradius Elite新品 : 236g
と重くなっているけど、軽い。磨り減っていたので、接地面積が大きくなっているってのが最大の原因だと思うけど、リチオンを最初に履いた時よりも、軽い印象。

2,200円でこの性能なら満足です。

さすがMade in Japan!! (台湾製かと思ったら日本製だった)
posted by さと at 21:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

通勤用タイヤ交換 パナレーサーへ

通勤用タイヤを交換。

通勤用はR500にミシュランのリチオンを使っていたけど、10000kmを超え、下地が見えてきました。
通勤途中にバーストとかパンクすると嫌なのでついに交換。

前タイヤ
P1060155(1).JPG


後タイヤ
P1060156(1).JPG
こんな感じの穴(?)が全体にできています。2、3度ローテーションしていたので、前後、満遍なく磨り減っている感じ。
ちょうど良い替え時かもしれません。

Newタイヤは、以前セオサイクルで買ったパナのStradius Elite 2,200円。安!!
P1060158(1).JPG

通勤用タイヤなので軽さ、グリップよりも耐久性重視。

重さを測ってみると
236g
おっと、意外と軽い。250gぐらいあるかと思っていた。

ただ、問題はビートの固さ。
はめやすいR500なのにタイヤレバーがないと入らない...通勤途中でパンクしたら難儀するかも。
ミシュランは、はめやすかった。雨水が良く入ったけど..
posted by さと at 22:13| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

2008 サイクルモード東京

IMG_3371.JPG

サイクルモードに行ってきた。
初日の金曜日、しかも15時なら空いているだろうとの読みだったけど
IMG_3388.JPG

結構混んでる....

IMG_3390.JPG

アンカーのブース。
RHM-9 SLの試乗を狙っていたんだけど、10人以上並んでいたのでやめた。

IMG_3307.JPG

RHM9 SLの前にも結構な人だかり...

なので、試乗はBOMA アルマー
IMG_3318.JPG

シーポ
IMG_3326.JPG
あと、スコットのCR-1。
いずれもMサイズなので、小さめ。BOMAは、カーボンホイールのおかげもあり、なかなか良かった。短い試乗コースで、スピードを出すこともできないので、真価は発揮できないけどTTバイクもいいねぇ。

電動DURAの試乗もしてきたけど、雑誌に書いてあるような感動はなかった。かちかち決まるんだけど、電動である必要もないような...
電動であることのメリットがもっと出てきたらいいかも。例えば自動変速(オートマ)とか...^^);

ということで、カタログをいろいろいただいて5時過ぎに退散してきました。
posted by さと at 06:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

フレームの水抜き

昨日、メンテナンスしたRHM-9だけど、今朝、持ち上げてみるとちゃぷという音...
おっと、フレームにも水が入ったか。

ということで、シートポストを抜き、ひっくりかえしておきました。


実は金曜日も帰宅時にめっちゃ降られています(GIOSでしたが)。昨日の雨とはくらべものにならないぐらいの豪雨。その雨で、前後ホイールに水が入ってしまったので、タイヤを外し、メンテ。ただ、すごい雨だったにもかかわらず、GIOSフレームへの水の侵入は無かった。シートポストあたりから一番雨が入るようだけど、シートポストに付けたテールライトが、うまい具合に蓋になっているのかもしれない。

いずれにしろ、雨天走行は後が大変だ。


で、今朝、GIOSに乗ろうとしたら、リアブレーキが全く効かない。見てみるとリアブレーキの片方しか動かない。購入してから約2年。マメにメンテはしてきたけど、金曜日の豪雨で動きが悪くなってしまったみたいだ。
とりあえず、ワイヤーを張り直して、なおったけど、今度ブレーキを外してメンテしないとね。
posted by さと at 16:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

ANCHOR RHM9納車

IMG_3177.JPG
RHM-9が納車されました。
9/22に発注して10/7にフレーム出荷、で、10/17納車です。2008年モデルと2009年モデルの切り替え時期で、ちょうど需要が落ちたのかもしれません。意外と早い納車でした。
昨日、セオサイクル新松戸店にお伺いし、受け取ってきました。

自分のRHM-9はこんな構成です。
メインコンポはDURA。
IMG_3197.JPG

最後まで悩んだスプロケは12-21Tの超クロスレシオ。
フロントは52-39T。リアは12-21T。超平地仕様。
IMG_3150.JPG

ブレーキだけ105....
IMG_3116.JPG
コスト削減です...^^)

コンポ以外についてもなるべく日本のメーカーで揃えたかったので

ハンドルは、ShimanoPROのPLT OS。
IMG_3183.JPG

ステムもShimanoPRO PLT 120mm。写真はないけどシートポストもPLT。いずれもアルミです。
IMG_3133.JPG

あと、ついでにボトルゲージもOGK。
IMG_3135.JPG

残念ながら国産サドルでよいものがなかったので、サドルはセライタリアのFLITE。
SLRと悩んだけど、FLITEにしてしまいました。
IMG_3131.JPG

サイコンは、コストパフォーマンス抜群のCATEYE CC-TR300TW。ケイデンスも心拍も測ることができるやつです。
IMG_3112.JPG

あれやこれやつけて結局こんな感じ
IMG_3129.JPG

いい〜んじゃない いい〜んじゃない と自己満足。

お店で重さを測ったところ7.92kg。あまり軽量なパーツを使っていないし、サイズも550なので、8kgを超えるかと思ったけど、意外と軽い。

でも、想像していたのと大きく違ったのが
IMG_3203.JPG
バーテープ....OGKのコットンのやつ。

コットンでなんだけど、どこからみても包帯....
コルクのほうが良かったか!?
まぁ、これは安いパーツなので、汚れたら(白だから たぶんすぐ汚れるはず)とっとと変えよう。

まとめるとこんな構成。
フレーム : ANCHOR RHM-9 550
クランク : 78DURA 52-39T 175mm
FD : 7800 DURA
RD : 7800 DURA
スプロケ : 7800 DURA 12-21T
ペダル : 7800 DURA
ブレーキ : 105
ハンドル : SHIMANOPRO PLT OS アナトミック 420mm
ステム : SHIMANOPRO PLT 120mm
シートポスト : SHIMANOPRO PLT
サドル : SelleItaria FLITE チタン
ホイール : DURA WH-7850-C50 CL
タイヤ : CONTINENTAL GRAND PRIX 4000s
サイコン : CATEYE CC-TR300TW

で、ポジションはこんな感じ。セオサイクル新松戸で店長にみてもらい、決定。これを基準に徐々に変更しよう。
RHM9ジオメトリ_20081018.jpg

まだ、家の前でしか乗っていません。なので、乗り心地等は???です。
posted by さと at 14:28| 千葉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

WH-7701 WH-7850-C50-CL 重さ比べ

WH-7850と今までもっていたWH-7701を持ち比べてみると、なんとなくWH-7701の方が軽いような気がする。でも、じっくりと持つと同じような気もする。もちろん漕ぎ味は、WH-7850のほうが上なんだけど。
20万弱するホイールがWH-7701と同じってのは悲しいので、スプロケを外したついでに重さを測ってみた。

WH-7701
チューブ ミシュランの黄色いやつ 52mmバルブ
タイヤ パナ VALIANT EVO3
WH-7701-前002.jpg

WH-7850-C50-CL
チューブ パナ R-Air 60mmバルブ
タイヤ コンチネンタル グランプリ4000s
WH-7850-前002.jpg


測定はタニタの家庭用はかり。誤差2g。
まずは前から。WH-7701
WH-7701-前001.jpg

1185g
まぁまぁ軽いんじゃないの。
次はWH-7850の前
WH-7850-前001.jpg
1104g
80g軽い。よかった。20万の価値あり!!  ^^);

次は後
WH-7701
wh-7701-後001.jpg

1393g
さすがスプロケを取り付ける所(なんという名前か?)の分、後は重い。

次はWH-7850
WH-7850-後001.jpg
1294g
99g軽い。よかった。これまた20万の価値あり!!  ^^);

結果をまとめると
WH-7701 vs WH-7850
前 1185    1104
後 1395   1294


合計179g  WH-7850の方が軽い。パナのタイヤがコンチと比べて3、40g重いので、同じタイヤ、チューブなら100g強の差か?

ディープの効果とかハブの違いとかを考えると重さだけで比べるのは、全くもってナンセンスですが、軽くてよかった...^^);
いずれにしろ、持ったときにWH-7850のほうが重く感じるのは気のせいってのが判明。
posted by さと at 21:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

フロントフォークの異音とホイールの剛性との関係

WH-7850-C50-CLを導入したため、AEROLITEと組みあわせられるホイールが3種類となった。

WH-R500
- AEROLITE標準のシマノ完組ホイール。
- たぶん、前後で10,000円ぐらい。格安な完成車に多く使われていますね。
- 重さは1900g(F=822g R=1078g QR含まず)
- 頑丈!! ジテ通で使っている。荒れた車道、歩道-車道の段差やら雨天走行を約2年。1万km程度走っているけど、振れ無し

WH-7701
- 同僚から譲ってもらったホイール。
- 価格は4、5万(?)
- 重さは1718g(F=755g R=963g QR含まず)
- 前後16本スポークのためか、後ろは振れ易い。

WH-7850
- 最近購入したディープホイール
- 価格は20万弱
- 重さは1695g(F=755g R=940g QR含まず)
- 25km/hぐらいからの加速がいい感じ。もう少し軽ければ、スタートダッシュもいいのに。

雑誌のようなインプレできるほど脚もないけど、1つ気がついたことを。

AEROLITEと組み合わせて走るとWH-7701はフロントフォーク近辺からギシギシ音がする。普段はしないけど、ダンシングすると顕著に表れる。
WH-7850と組み合わせるとさらに悪化し、ギシギシギシギシギシギシ...

でも、R500と組み合わせると音ひとつしない。激しくダンシングしてもしない。

このようなことから素人考えですが、
AEROLITEのフロントフォークはもともと剛性があまり高くない

ホイールの剛性があがればあがるほどフォーク側に負担がかかる

ヘッドチューブあたりから異音
じゃないかと思っています。

R500は剛性が低いのでホイール側で吸収する(?)のでフォークには負担がかからず、音がしない。
WH-7701、WH-7850とグレードがあがるにしたがって、剛性がでてきてフォークに負担がかかる。その結果、異音につながる。

WH-7701とWH-7850と比べるとWH-7850のほうが異音があきらかに大きい+多いのでWH-7850のほうが剛性が高いんでしょう。たぶん。
posted by さと at 16:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

ブレーキ以外DURA-ACEにしてしまった...

シルバニア0001.JPG
娘がたまに遊ぶシルバニア...めちゃめちゃ細かい。大人の指では無理!!

最近、多少仕事に余裕がある。
ひーひー言っていた上期とは大違いだ!!
いいかんじ〜 今日の午後はセミナーで楽できたし ^^)v

それはさておき、回転系のみDURA 7800としていたNewマシンですが、勢い余ってブレーキ以外DURAにしてしまいました。


当初、クランク、BBのみDURAだったけど、

RDも回転系だよなぁと思い直し、RDを追加

スプロケも回転するよなぁと思い、スプロケを追加

RDをDURAにするなら 価格差の少ないFDも

FDをDURAにするとSTIはDURAかULTEGRAにしないといけないことに気がつく(先月のFUNRIDEに乗ってた)...で、どうせならDURAに

ってな感じでブレーキ以外DURAになってしまいました...ぎりぎり予算内ですが、残った小遣いで忘年会シーズンを乗り切れるか不安..


スプロケは12-21Tと全く"トビ"がないDURAのクロスレシオ。
21Tだと長柄はきついかもしれないけど、とりあえず、これで行ってみようと思います。

今週末はツールド千葉ですね。土曜日がイマイチな天気っぽいですが、日曜日、月曜日はよさそうです。セオサイクル新松戸からもバスツアーで参加します(自分は参加しませんが)。でる人 がんばってください。

自分はでないので、
土曜日 休脚日
日曜日 長柄があれば長柄、無ければ関宿往復
月曜日 関宿往復
予定です。

posted by さと at 23:13| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

RHM9 550に決定


4連休中日の今日、朝から乗りにいく予定があいにくの雨...
だったので、朝一からセオサイクル 新松戸へ直行し、次期マシン選びの相談。
ある程度、機種も固まっているので、今日でほぼ決めるつもり。

候補は
GIANT TCR Advanced SL 2
Anchor RHM-9PRO
TREK Madone 5.2pro

あたり。GIANTは2009年モデルがターゲット。Anchor、TREKは大きな違いはないので、2008年モデルでも問題なし。

店長達と色々お話をし、
- 自分の乗り方(踏み方)ならアンカーがあっているだろう。
- 平坦中心なら高速域から伸びがあるアンカー
- サイズはAnchor 550がちょうど良い
ということで、Anchorに決定。最初はGIANTを注文する気、満々だったけど、サイズが小さいんじゃないか(?)との指摘もあり、Anchorとなりました。非常に無難な選択...
2009年モデルはデザインしか変わらない(メーカー確認済み)ので、ちょっとだけ安い2008年モデルを選択。RHM-9SLに未練があり、ダメモトでメーカーに確認してもらったけど、やっぱり520までしか作らないとのこと...残念。

色はレーシングホワイト....最近導入したメンバーとカブルけど格好よいので..^^)
08rhm9_M3.jpg
です(Anchorさんから拝借...)

コンポ等ですが、Anchorなら全部日本メーカーにしたかったので、こんな構成。
コンポ : 105をベースに回転系(クランク、BB、チェーン)のみDula。
ハンドル : NITTO M194 420mm
ステム : シマノPRO PLT 120mm
シートポスト : シマノPRO PLTカーボン
サドル : 未定

ポイントは回転系のみDula....貧乏臭いが、オールDulaは予算上無理...^^); オールDulaなら完成車を買ったほうがお得だしね。
クランクは、店長と相談し、自分の身長&乗り方ならまわせるだろうとの判断から、ちょっと長めの175-52/39を選んでみました。
サドルはまだ選んでいないけど、もしかしたら知り合いから使っていないのを譲り受けるかも。
あと、ハンドルももしかしたら変えるかも。

身長、股下等を採寸してもらい、ロードの形をしたサイズ測定するための機材(なんていう名前か??)を使って、サイズは決定。今、540(トップ550mm)のGIOSに乗っているけど、やっぱり小さいみたい。この機材を使って、550(トップ 565mm)のRHM-9でサイズをあわせてもらうと、窮屈感がなくてなかなか良い感じ。

納車は10月末ぐらいかな?
残念ながら、ホイールは買うことできなかったけど、一応予算内。

BOMAから始まり、GIANT、TREK等々をさまよったけど、最終的には無難にAnchorに落ち着きました。面白みがなくてすみません..

posted by さと at 19:11| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。